吟醸焼酎鳥飼を使って高級りんご酒をつくる 東光【吟醸梅酒】インスパイア系般若湯【堕天使の誘惑】と銘名

  

りんご酒をつくることにしました。

宝酒造から販売されている安価なホワイトリカーを使って果実酒をつくっても面白みが全然ないので高級酒路線でいきます。タイラも吟醸果実酒界の扉に手をかける時が来た…ゴゴゴゴゴゴゴ………。

 

吟醸酒の酢酸イソアミル/カプロン酸エチル

×

りんご(紅玉)のイソブチルアルコール/ブタノ―ル

のバッティングで果物感をブーストし、果樹園のムハッとした鼻先をなでる濃厚な香気をめざします。えいやっさ。

f:id:nekonoasioto:20170916122657j:plain

 

にほんブログ村 酒ブログへ

↑記事を読む前にワンクリックお願いします。

↓続きをどうぞ

 

まずは、りんご酒をつくろうなどと思ったいきさつか何かを…

 

山形県は牛で多少の知名度のある米沢に小嶋総本店という造り酒屋があります。その蔵から発売されている斬新な梅酒【天下御免 吟醸梅酒】。

 

さらりとしたチ〇ーヤの梅酒とは一線を画す商品グレードで何年か前は製造本数が少なく入手するのもやっとの酒でした。

値段がバカ高ですな。

 

ですが

 

国内主要梅酒コンテスト3冠を獲得しており(よって天下御免の称号を得る)、モンドセレクション受賞とは違う実力派です。特筆するべくは梅を漬け込むアルコールにあります。吟醸酒を絞った後の酒粕を蒸留した焼酎=米のグラッパをベースに使うことで、メロンのような果物香の押しが強い前代未聞の梅酒に仕上がっています。

 

米沢藩上杉家御用蔵は伊達(←)じゃない。←wwww。

f:id:nekonoasioto:20170916193044j:plain

 

 

 

 

「……。」

f:id:nekonoasioto:20170916193402j:plain

 

仙台民の皆様すみません。バット、政宗氏は米沢城にステイしてたんだぜ?

 

ちなみにグラッパとはワインを絞った粕からつくる蒸留酒で、個人の有名な酒造家がつくったものは超プレミア価格がつきおいそれとは手を出せません。

 

吟醸梅酒をタイラが初めて飲んだ感想は「なんじゃぁワレ。ホンマに梅酒かいな」とショックをうけ、一撃でとりこになりました。ひとめぼれの実在を確認よーし。

 

そして

 

吟醸果実酒を自分もつくってみたくなったので、やってしまったという短絡的な犯行におよびました。では…吟醸酒を絞った酒粕を蒸留するのか?

 

 

否。

 

 

天下御免の吟醸梅酒のさらに上をゆくものを目標とするので、酒カスじゃなく吟醸酒自体を蒸留した高級米焼酎を果実酒のベースアルコールにしていきます。

いでよ!トリカイ!

どーーーん。

 

ベースのアルコールを仕入れたときのレシートがこちら。

f:id:nekonoasioto:20170917091005j:plain

 

やっべ。もう1万円近い。

f:id:nekonoasioto:20170916202833j:plain

 

鳥飼高ぇーな。オイ。

鳥飼の他にウオッカを買ったのは混合しアルコール度数を上げるため。

鳥飼の度数は25度しかなく、りんご酒を長期熟成させるのには腐敗の不安がちと残ります。

通常、ロックアイス状のグラニュー糖でベースアルコールの浸透圧を強化し果物のエキス分抽出を促進させ、ついでに液中の雑菌の繁殖を防止する役割を砂糖はになってくれますが…

 

いったん入れた糖分は後から取り除けないのです! 

甘過ぎると舌がだるくなりますよ。よって砂糖は完成後に添加することにして、当面はアルコール濃度の高さだけで菌を殺していくこととします。

鳥飼25度×2160ml+ウオッカ50度×1440ml

ベースアルコールは35度3600mlとしました。砂糖の代わりにアルコール濃度の高さで雑菌から守っていく作戦です。

 

↓雑菌。

f:id:nekonoasioto:20170917072757j:plain

 

りんごは紅玉を準備。

10月の終わり頃から早取りの先ばしりが出回っています。タイラもすかさずゲット。

実に濃厚なりんご臭にくらっくらします。

f:id:nekonoasioto:20170917075305j:plain

ここで、間違ってもフジ(品種名)を選んではいけません。念のため…りんご酒をつくるにあたりフジでも試作してみましたが香気が全全全然足りません。

気の抜けたコーラ並でした…。お金もったいない。

あとは適当にベースアルコールに紅玉を漬けこむだけなので時間を飛ばします。

 

ふんぬっ

f:id:nekonoasioto:20170917123912j:plain

1ヶ月経過。

十分に紅玉からエキスが出たのでガラを取り除く。

まだ鳥飼の吟醸香とりんごの香りがかみ合っていません。取っ組み合いの喧嘩をしています。

3ヶ月経過。

この時期くらいから紅玉のフレッシュな果物の匂いがなくなるのと入れ替わりに、ねっとりとした高貴なフレーバーが出て熟成の兆しがみえはじめます。

鳥飼の方もアルコール臭の角が丸くなって来ました。

6ヶ月経過。

飲んでみます。

まだまだ未熟でした…。

f:id:nekonoasioto:20170917082603j:plain

11ヶ月経過。

完成!!いえいっ。

f:id:nekonoasioto:20170917091036j:plain

 

澱がやばい。

f:id:nekonoasioto:20170917091104j:plain

 

香りは狙いどおりにギュオオオオオオ…と特濃です。蜂蜜に類似。吟醸と紅玉が手に手を取り合っていて嫉妬するほどハッピーエンドを迎えました。よきかな。よきかな。

f:id:nekonoasioto:20170917091135j:plain

 

適度にアルコールも抜けているのか、ストレートでもうまし。

砂糖は蛇足だな。

では、銘名。

f:id:nekonoasioto:20170917091156j:plain

高級りんご酒【堕天使の誘惑】

 

お試しあーれー。

タイトル回収成功!

f:id:nekonoasioto:20170917083952j:plain

広告を非表示にする